Tシャツ注文の流れ|オーダーシャツで自分に合った理想のワイシャツを製作|ロゴロゴロ

Tシャツ注文の流れ

ウーマン

商品を選ぶ

始めに、Tシャツ作成業者の店頭かホームページから商品を選びましょう。生地やカラー、縫い方などを最初に決めます。他にも、クラスTシャツやイベントTシャツの場合には、必要なTシャツの枚数を事前に把握しておくことも大切です。

見積もり・注文

商品を選んだら、見積もりと注文を行います。Tシャツにオリジナルのデザインをプリントするときは、そのデザインやプリントの方法によって1枚あたりの価格は変わります。業者によっては、Tシャツの発注枚数が多いと1枚あたりの価格を安くしてくれるところもあります。見積もりに納得したら注文することができます。

イメージ確認・製作開始

デザインや生地、カラーなど全ての項目を決めたら業者が完成のイメージをPCなどで送ってくれます。自分のイメージ通りの完成予想ならば、そのままTシャツのプリント作業に入ります。プリントが完成したら、商品を受け取ることができます。注文から商品の受け取りまでは、繁忙期なら数週間かかることもあるので、計画的に注文するようにしましょう。

オリジナルアイテム人気ランキング

no.1

オリジナルTシャツ

クラスやイベントごとでオリジナルアイテムを作る時に最も人気なものが「オリジナルTシャツ」です。安価で注文でき、デザインも幅広くあるので、多くの団体がオリジナルTシャツを製作しています。まさにオリジナルアイテムの定番といえます。

no.2

オリジナルキャップ

イベント時に、二番目に人気のオリジナルアイテムが「キャップ」です。特に体育祭や、野外フェスなど屋外でのイベントごとに大活躍してくれます。キャップは、フリーサイズのものを注文できるので、個人のサイズが分からなくても安心して注文することができます。

no.3

オリジナルパーカー

オリジナルアイテム人気ランキング第三位は「パーカー」です。パーカーは、秋から冬にかけて寒い時期にTシャツの代わりに注文されることが多くなります。Tシャツと同じようにコーディネートもしやすく誰でも似合いやすいファッションアイテムです。

Tシャツの選び方も知っておこう

イベントでみんなで作るオリジナルアイテムの中でも特に大人気のオリジナルTシャツですが、注文する際の選び方を知っているとより満足度の高いオリジナルTシャツを受け取ることができます。

オリジナルTシャツの選び方

生地の厚さで選ぶ

オリジナルTシャツ作成の時は、まず生地の厚さに注目しましょう。生地の厚さは、Tシャツ自体の重さと丈夫さに影響します。生地が厚いTシャツは、何回洗ってもヘコたれにくい特徴があります。一方では、重くて熱がこもりやすいデメリットもあるので、使用する場面を考えて厚さを考えましょう。

編み方で選ぶ

生地の厚さの次は、Tシャツの編み方もチェックしておきましょう。Tシャツの編み方は何通りもありますが、編み方によってTシャツの触り心地や丈夫さは変わります。柔らかくて軽いTシャツが良いのか、丈夫で重いTシャツがいいのか、これも使用するシーンを想定して数ある選択肢の中から選ぶようにしましょう。

バリエーションで選ぶ

Tシャツの厚さと編み方で選んだ後は、バリエーションで選んでみましょう。色は豊富にあるか、サイズは豊富にあるか、Tシャツの種類によっては、選べる色やサイズが少ない場合もあるので注意が必要です。大人数でTシャツを注文する場合は、バリエーションの多いTシャツを選んだ方が良いかもしれません。

広告募集中